ネイルスクールランキングin東京
HOME » ネイルの資格取得でプロを目指す » ネイリスト技能検定2級

ネイリスト技能検定2級

2級の試験は、ネイリストの中級者向けといった感じです。
サロンワークで通用するネイルケア、リペア、チップ&ラップ、アートに関する技能&知識が問われます。

サロンに就職するにあたって、求人では、検定2級以上を応募条件としているところもあるので、3級に合格したら、ぜひとも挑戦していきたい資格です。
3級と比較すると、内容が深まり、複雑な問題が出題されるので、基礎知識は完璧にする位の気持ちでの準備をしておいた方が良いと思います。

2級試験合格のポイント

2級試験も、1級同様、3級に合格していなければ受験することができませんので気を付けましょう。2級でも、筆記試験のみ合格の場合は、次回の試験のみ筆記試験が免除となります。

2級の実技試験では、ネイルケア、チップ&ラップ、カラーリング、ネイルアートが出題されます。
実技には、1級・3級と同様、15歳以上のモデルの協力が必要となります。

1級との違いは、前日までにモデルさんの手に赤のポリッシュを湿布しておかなければならないことです。また、プロとして通用するかを試す試験ですので、基本を完璧に身に着けていることはもちろん、お客様へのスムーズな対応ができるかも見られます。

筆記試験では、3級の内容に加え、リペアの種類及びチップ&ラップの手順、実践的施術全般、プロフェッショナリズム、が追加されます。問題範囲が広くなるので、回答の速度を上げましょう。
プロフェッショナリズムを問う設問では、お客様へのサービスに関する出題があります。接客のプロとしての知識が問われますので、普段からの心掛けも大切になるでしょう。出題数は80問で、マークシート方式です。

試験概要

受験料:
8,000円(税込)

検定試験スケジュール:
4月、10月(年間2回)

試験会場:
4月/札幌、盛岡、仙台、東京、名古屋、新潟、金沢、大阪、広島、高松、福岡、沖縄
10月/札幌、盛岡、仙台、東京、名古屋、新潟、金沢、大阪、広島、高松、福岡、沖縄

合格ライン:
合格基準は80点以上(筆記・実技とも:100点満点)

受験者数(2010年春期までの累計):
119,275人

合格者数(2010年春期までの累計):
49,019人

合格者率(2010年春期までの累計):
41.10%

申込期間:
試験日の約2~3ヶ月前から申込受付を開始

申込方法:
(1)試験要項を取り寄せ郵便局から申し込み
(2)WEBから申し込み http://www.nail-kentei.or.jp/about/q&a.html#001

合否結果:
試験から約1か月後に合否通知を郵送

合格証明:
合格証書(ディプロマ)を発行

東京のネイルスクール
口コミ調査
ネイルスクールの選び方
ネイルの資格取得で
プロを目指す
ネイルのお仕事ガイド
スクールでレッスンを受けて
セルフネイルを特技に!
PAGE TOP