ネイルスクールランキングin東京
HOME » ネイルの資格取得でプロを目指す » ネイリスト技能検定3級

ネイリスト技能検定3級

3級の試験は、いわば、ネイリストになるための登竜門ともいえる試験です。
義務教育を修了していれば、誰でも受験が可能です。
試験の合格率は、1・2級に比べると高く、受験者の6割以上が合格できますが、年々受験者数が増加するにつれ、試験の難易度が高くなり、合格率も少しづつ低くなっているようです。

この試験では、ネイルケアの基本がわかっているかが試されるので、基礎固めをしっかりしておきましょう。

3級試験合格のコツ

3級の実技試験では、ネイルケアとカラーリングを行います。
実技には、1級・2級と同様、15歳以上のモデルの協力が必要となります。
2級と同じく、前もって、赤のカラーポリッシュをモデルさんの爪に湿布しておく必要があります。

筆記試験では、衛生と消毒、爪の構造(皮膚科学)、爪の病気とトラブル(爪の生理解剖剖学)ネイルケアの手順等が出題されます。
出題数は60問で、所要時間は30分間。マークシート方式で回答します。

難しそうな内容ですが、テキストをすみずみまで読み込んでいれば、充分答えられます。
実技の試験も、基本をしっかりマスターし、幾度も練習をして慌てずに行うことができれば、きっと合格できるはず。

すべて、実際にネイリストとして働くための基礎が問題となっていますので、3級に合格すれば、サロンで働く際に基本が身に付いていることの証明となり、就職に有利になるのです。
3級も、筆記試験を合格している場合、次回の試験のみ筆記試験を免除できます。

試験概要

受験料:
6,000円(税込)

検定試験スケジュール:
1月、4月、7月、10月(年間4回)

試験会場:
1月:札幌、仙台、東京、名古屋、新潟、金沢、大阪、広島、高松、福岡、沖縄
4月:札幌、盛岡、仙台、東京、名古屋、新潟、金沢、大阪、広島、高松、福岡、沖縄
7月:札幌、仙台、東京、名古屋、新潟、金沢、大阪、広島、高松、福岡、沖縄
10月:札幌、盛岡、仙台、東京、名古屋、新潟、金沢、大阪、広島、高松、福岡、沖縄

合格ライン:
合格基準は80点以上(筆記・実技とも:100点満点)

受験者数(2010年春期までの累計):
160,666人

合格者数(2010年春期までの累計):
141,907人

合格者率(2010年春期までの累計):
63.27%

申込期間:
試験日の約2~3ヶ月前から申込受付を開始

申込方法:
(1)試験要項を取り寄せ郵便局から申し込み
(2)WEBから申し込み http://www.nail-kentei.or.jp/about/q&a.html#001

合否結果:
試験から約1か月後に合否通知を郵送

合格証明:
合格証書(ディプロマ)を発行

東京のネイルスクール
口コミ調査
ネイルスクールの選び方
ネイルの資格取得で
プロを目指す
ネイルのお仕事ガイド
スクールでレッスンを受けて
セルフネイルを特技に!
PAGE TOP